ベランダの防水施工で雨漏り防止【家を守るために必要不可欠】

3種類の施工法

男性

施工の特徴

安全で快適な住環境を保つには、様々なメンテナンスが必要になります。しかし、素人目線からは気付きずらいのがベランダやバルコニーの防水状態です。築10年を経過すると、経年劣化によりベランダやバルコニーのひび割れが発生すると言われています。その原因として多いのが防水塗装の劣化による剥がれであり、防水機能を失った状態がベランダやバルコニーのひび割れとして現れ、水漏れや水溜りが発生してしまいます。この様な状態を発見したら早めに対処する事が大切になります。ベランダ防水工事には幾つかの種類があります。使用する材料や施工方法、防水機能、施工面積など、状況や目的に合わせて施工方法を選択する事が出来ます。塗膜防水ウレタンやFRPなどの塗料を使用する工法で、下地に密着し、継ぎ目を出さずに施工できるのが特徴ですが、経年劣化が発生する為に定期的なメンテナンスが必要です。シート防水塩化ビニールや合成ゴムで膜を作る工法です。軽くて伸縮性がありコストを抑えるメリットがありますが、継ぎ目から水漏れしやすいのが特徴で、頻繁にベランダを使用する場合は不向きと考えられます。アスファルト防水アスファルトを熱で染み込ませる工法で、耐久性は高い反面、施工時の異臭など環境面に適さない点が多く、現在ではあまり使われていない工法です。従って、防水施工は塗膜かシートによる何れかの工法となります。施工を行う際にはコスト面や耐久性、メリットとデメリットを業者と年密に確認して、目的に応じた適切な工法を選んで施工する必要があります。